クレジット決済ができる不動産屋とできない不動産屋

社会人ともなればクレジットカードの一枚くらいは誰でもお持ちでしょう。カード一枚を持っていれば、現金が無くともいろいろな支払いに使えるためとても便利になります。もし賃貸にも使えたら、そう思う人もいることでしょう。実際には賃貸にもクレジットカードは利用できます。賃貸契約時の初期費用であったり、毎月の家賃だって決済することは可能なのです。

賃貸のクレジット決済は普通のショッピングと大きな違いはありません。カバンや靴を買うのと同じように、カードを機械に通してサインをしてしまえばそれで決済完了になります。払える賃貸費用としては敷金・礼金はもちろん前家賃や仲介手数料なども可能になります。つまり多額な初期費用もクレジットカードがあれば決済することが可能なのです。

不動産会社が導入するシステムによって決済までの流れは多少違いますが、一般的なショッピングと大きな差異があるのかといえばそんなことはありません。一括にすることもできますし、分割やリボにも対応させることもできます。

もちろん不動産業者の中にはクレジットカード決済ができないというところもあります。そもそも不動産業者はクレジット決済にあまり良い顔をしないという傾向にあるのです。その理由としては、入金のタイミングが現金と違ってタイムラグがあるという点と、手数料やシステム導入料がかかるという点にあります。

いずれも業者側の理由ではありますが、商売としてやる以上仕方のないことかもしれません。そういう場合は他のクレジット決済可能なお店にいけばいいだけと切り替えてしまうのも手かもしれません。