カードの自動更新の際はどうする?

賃貸の支払いをクレジットで行っている人は年々増えてきています。中にはそろそろ有効期限が切れてしまうなんて人もいるのではないでしょうか?ある程度クレジット利用をしている人ならわかっていることですが、初めての切り替えというのは何かと心配されるものです。クレジットカードの有効期限後はどんなことをすればいいのか確認しておきましょう。

クレジットカードの有効期限はカードに記載されています。「GOOD THRU」などと書かれている部分の数字がそうです。月/年の順に書かれていますので、たとえば2015年の4月が期限ならば、04/2015という数字になっています。

基本的に普通に利用しているのであれば期限切れの前に更新されたカードが手元に送られてきます。特別な手続きは全く必要がなく、カード会社から勝手に届くことになるわけです。期限がきたカードに関してはハサミなどで切って破棄しておきましょう。

住所変更をしていない場合はカードが届きません。つまり期限が切れても手元にカードが無い状態になります。そうなる前に事前に会社に連絡をして住所変更をしましょう。

延滞などが続いている場合は更新されないというケースもあります。更新不可ということでカード会社から連絡がきますのでわかりやすいと思います。

更新できなかった場合はとうぜん賃貸の支払いにもクレジットは利用できなくなります。さらに5年間は新たなカードを作れなくなるので、支払は滞りなく行うようにしてください。家賃が払えなければ退去することにもなるので注意しましょう。